Top > 売り上げアップ経営コンサル > 多店舗展開は損得

多店舗展開は損得

多店舗展開は損得どちらにも別れる可能性があるものなので、それを理解して店舗を増やしていくことが重要です。

店舗を増やしていくことは固定費の増加につながりますから、上手く行かなかったときには利益が減ってしまうことになります。

その一方でどこかの店舗の売上が下がっても他店舗でカバーをすることができるため、一つの店の売上に頼らずに済むという利点があります。

人材専門の経営コンサル

しかし、これはそのままデメリットにもなり全体が上手く行っているのに、一店舗だけ足を引っ張るということになる可能性もあります。

このように多店舗展開はひとつの長所がそのまま短所にもなるので、損得勘定をしっかりとして店舗を増やすメリットが十分にあるのか考えなければなりません。

売り上げアップ経営コンサル

関連エントリー
多店舗展開は損得
カテゴリー
更新履歴
青の洞窟シュノーケリングは泳ぎが苦手でも子供でも絶対に楽しめる理由とは?(2020年1月20日)
dti光には最低利用期間ってないの?(2019年12月21日)
映画【翔んで埼玉】のネタバレ(2019年12月11日)
キャッシュバックが早い翌月の代理店(2019年11月12日)
コミュファ光の感想(2019年10月20日)